君と創る明日――プロローグ

読者の皆様、本当にごめんなさいっ!
プロローグをアップしないまま、
本編の連載を始めてしまいました。
今さらですが、プロローグをアップしておきます。

*****************************************************

 伊能成利(いのう・なるとし)が目を覚ましたのは、隣で眠る
英夏が酷くうなされていたからだ。昨夜から、右脚の痛みを訴えて
辛そうだった。午前一時くらいまでは、背中を撫でてあやして
いたのだが、いつの間にか眠ってしまっていたらしい。

枕元の時計は午前三時を指している。

「英夏、痛むのかい? 痛み止め、持ってこようか?」

 成利は、英夏の額に浮かぶ汗を自分のパジャマの袖口で拭って
やりながらそっと声を掛ける。同性とは思えない華奢な身体は、
寝汗でぐっしょり濡れている。成利の呼びかけに、うっすらと
目を開けた英夏は、弱々しく微笑んだ。

「ごめん……起こしちゃったね」
「僕こそ、眠ってしまってごめんよ」

 英夏が苦しんでいるのに、どうすることもできない自分が
歯痒くて、成利は唇を噛みしめた。

 阿川英夏(あがわ・えいか)は、小学一年の時、交通事故で右脚を
複雑骨折した。成利と同学年だったのに一年留年し、何年も車イス
生活を余儀なくされたが、持ち前の勝ち気さと努力で、中学入学まで
には杖なしで歩けるようになった。

 だが、一時は右脚切断の危機さえあった大怪我だ。障害が残らない
わけがない。英夏は季節の変わり目や体調の悪い時、冷え込みの
厳しい日など、決まって脚の痛みを訴えた。

「痛み止め、持ってきてくれる?」
「ああ、もう一回飲んで効かなかったら、病院へ行こうね」

 成利は大急ぎでリビングのダッシュボードから薬を取り出し、枕元の
水差しで英夏に飲ませた。成利が、蒸しタオルで英夏の汗を拭い、
パジャマを着替えさせると、痛み止めが効いてきたのか英夏は気持ち
よさそうに微笑んだ。

「成利、ありがとう。大好きだよ」

 そのあどけない笑顔に、成利は泣きたくなった。英夏を愛している。
誰にも渡したくない。
しかし、英夏は恋をしていた。自分ではない男に……。

   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 
       
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

君と創る明日――1

冷夏とはいえ八月に入った途端、猛烈な暑さの日が続いていた。
これで三十度を超えていないというのだから、信じられない。

 クーラーのない倉庫の中は、まさに蒸し風呂状態で、商品の
数量チェックをしている英夏は、今にも倒れそうだった。
それでも、数量チェックの終わった商品をトラックに積み込んで
いる者達にくらべたら英夏の作業などラクといわざるをえない。

 倉庫主任が、右足に障害のある英夏を気遣っての担当割り振りだ。
ありがたいといえばありがたいのだが、心ない者は英夏を妬んで陰で
嫌味を言ったり、英夏を仲間はずれにしたりした。

 彼らが表だって英夏をいじめないのは、英夏が社長令息の友人
だからだ。およそ肉体労働に向かない英夏が、このアルバイトに
雇ってもらえたのもひとえに社長令息の推薦あってのことだった。

 終業時間まであと一時間。英夏は暑さで目が回りそうなのを必死で
耐えていた。ここ数日の疲れが重くのし掛かってきて、身体は鉛のようだ。
覚束ない足取りで段ボールを数えていると、後ろに人の気配を感じた。

「阿川くん、休憩だ」
 肩をたたかれて振り返ると、倉庫主任の田口がポカリスエットを差し出した。

「営業一課の須賀さんからの差し入れだよ」
「ありがとうございます」

 受け取ったポカリスエットはよく冷えていて、英夏はボトルに頬を寄せると、
その冷気を楽しんだ。

「向こうに行こう。少しは涼しいと思うよ」

 促されて皆がたむろする倉庫の北側に行くと、何人もの若者に取り囲まれて
須賀が談笑していた。
 陸上で鍛えたという精悍な身体と少し影のある甘いマスク。入社一年目にして
女子社員のファンクラブができたという逸話もうなずける。

 社長令息の伊能成利が忌々しそうに教えてくれたことを、英夏は
ぼんやりと思い出した。

 繊細な気配りと卓越した営業センスに、男性社員も一目置く若手ホープ。
老獪な専務の覚えもめでたく、来年の人事異動では、エリートコースである
海外事業部の係長に、二十七歳という若さで抜擢されるだろうと噂されている。

 父や兄とは違う『大人の男』に、英夏は強い憧れを抱いていた。

   目次   次へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 
       
  

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

君と創る明日――2

「三日で根をあげると思ったのに、ずいぶん頑張ってるね」

 成利は、英夏のシャンプーで濡れた髪を優しく拭きながら笑った。
育ちの良さを感じさせる品の良い笑顔だ。

 決して揶揄されているわけではないとわかっていても、英夏は
ドキリとせずにはいられなかった。

胸の奥に芽生えた須賀俊輔への恋心を成利に悟られたくない一心で、
英夏は、わざとつっけんどんに言った。

「バカにすんなよ。絶対、契約満了までやり遂げてみせるからな!」

 アルバイト期間は、七月二十六日から八月二十五日まで。正社員が
交代で夏期休暇を取るためだ。今日でその半分が過ぎようとしていた。

「英夏が、可愛い顔に似合わず強情で意地っ張りなのは知ってるけど、
過労で倒れたりしたら、英夏のお母様に申し訳ないからね」
「可愛いって言うなっ!」

 ドライヤーに手を伸ばしながら英夏が頬を膨らませる。しかし成利は、
英夏の怒りなど意に介した風もなく、悠然と英夏の身体を引き寄せた。

「だめだよ、もう少しタオルドライしてからでないと。ドライヤーの
熱は髪を傷めるんだから」

 少し癖のある柔らかい髪を、成利は愛おしむようにタオルで包み込ん
で水分を拭っていく。英夏は成利のするがままになりながら、昼間の
ことを思い出していた。



 脚を引きずる無様な姿を須賀に見られたくなくて、英夏は田口の影に
そっと身を潜めようとした。そんな英夏に、須賀は屈託のない笑顔で
自分の隣の椅子を示した。

「阿川くん、ここに座るといい。ちょうど風の通り道なんだ」

 誰かがどこかから拾ってきたらしい粗末なパイプ椅子に、須賀は自分の
ハンカチを広げて英夏を手招く。まるでドラマのワンシーンのような
キザなことも、須賀がやるとなんの違和感もなく自然なことに感じられる。

 英夏は身体が弱いこともあり、周囲から大切に育てられたので、
こういった労りには慣れているのだが、こと相手が須賀となると気恥ずか
しさが先に立って、うまく御礼が言えなかった。

前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

君と創る明日――3

「英夏、ドライヤーをかしてごらん。タオルドライは
もう済んだから」

 成利の声で、現実に引き戻された英夏は、手にしたドライヤーを
洗面台に放り出すと成利に抱きついた。

「早くベッドに行きたい」

 須賀のことを考えているうちに火が点いてしまった欲望を、成利に
宥めて欲しかった。セックスをねだる恥ずかしさを誤魔化そうと、
英夏は額を成利の胸に押しつける。こうすれば成利に顔を見られずに
済むからだ。

 英夏が、軽井沢の別荘が隣同士で、物心ついたときから友達だった
成利と身体の関係を持ったのは高校一年の時だった。英夏は、放埒に
遊び慣れた成利に乞われるまま身体を許してしまい、封建的な旧家で
育った無垢な身体は瞬く間に快楽を覚え込んだ。

「英夏の体力温存のために我慢してたのに」

 成利が、小さな子供をからかうように呟く。英夏は顔を上げると
甘えるように微笑んだ。
「優しくしてくれるんだろ?」

「僕は、いつだって優しいだろう? 英夏の願いを叶えなかったことは
一度もないじゃないか」

 英夏が、成利と同じ大学に一年遅れで入学したのをきっかけに、
大学近くのマンションで一緒に暮らすようになって、かれこれ
一年半になる。外面の良い成利は、英夏の両親から絶大な信頼を
得ていたので、成利が英夏の両親を説得したのだ。

 英夏は当初、一人暮らしを希望していたのだが、過保護な両親が
許すはずもなく、渋々、成利との同居を選んだ。ひとり暮らしなど
すれば、心配性の母親が足繁く通ってきて実家にいるのと変わりない、
と成利に諭されたからだ。

 家事は通いの家政婦が、身の回りのことは成利がすべてやってくれ
るので、暇を持て余した英夏は、アルバイトをしたいと言い出した。
それも、母親の目が届かぬことをいいことに、「事務職ではなくガテン
系のバイトをしてみたい」と成利にねだった。

 身体のハンディがある英夏のために、成利が見つけてくれたのが、
倉庫の商品を在庫管理するアルバイトだった。倉庫主任の田口は、
成利から何やら言い含められているらしく、まるで壊れ物のように
英夏に接した。

 しかし、同年代のバイト仲間は、粗野で荒っぽく、妙なところで
優しかったりと、英夏が今まで接したことのないタイプばかりで
新鮮だった。
正直、身体はキツかったが、皆と協力してこなす仕事は楽しかった。

 英夏が、営業一課に籍を置く須賀俊輔に出合ったのは、アルバイトを
始めて二日目のことだった。コンピュータ上の在庫数が工場からの
出荷数と合わないということで、現物を調べるため倉庫にやって来たのが
須賀だった。

 アルバイトの何人かが須賀の作業を手伝うことになり、英夏も
エクセルができるということで仲間に加わった。

 仕事が終わった後、須賀に夕食を御馳走になった彼らはすっかり
意気投合した。植村と木戸は、食事の後、二次会と称して須賀の
アパートで朝まで飲んで泊まってしまったほどだ。

 それからも、須賀は三日に一度は外回りの途中、差し入れに来てくれる
ようになり、気がつくと英夏は須賀の顔を見るのを心待ちにするように
なっていた。



前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

君と創る明日――4

 昨夜、久しぶりに成利とセックスしたせいか、英夏は酷く
身体が怠かった。電車に揺られるのが辛くて、バイト先の
倉庫まで成利に車で送ってもらったほどだ。

仕事をこなすのが精一杯で、須賀の姿を探す余裕など全くなかった。
だから、須賀に声を掛けられたときは、本当にビックリした。

「ごめんよ、驚かせてしまったようだね」
 須賀は、いつもと変わらぬ爽やかな笑顔で話しかけてきた。

「い、いえ。何かご用ですか?」
 怠さも暑さもたちまち忘れて、英夏は胸をときめかせながら
須賀を見つめた。

「ここの仕事はもういいから、事務所で俺の入力作業を
手伝ってもらえないかな」
「入力?」

 英夏は思わず眉を顰めた。アルバイトの契約は商品の棚卸しと
発送作業で、事務は契約に入っていない。
「阿川くんは、パソコンが得意だろう? 手伝ってもらえないかな。
倉庫主任の田口さんには許可を取ってあるから」

 困惑した英夏が視線を泳がせると近くにいた植村と目が合った。

「阿川、須賀さんを手伝えよ。なんかおまえ、今日は身体怠そうで、
力仕事じゃ、役に立たねーよ」

 植村の言うとおり、英夏はいつもの半分も作業をこなせていない。
このまま皆の足手まといになるよりは、得意のパソコンで須賀の
手伝いをした方がずっと役に立てる。英夏はおとなしく肯くしかなかった。


 終業を告げるベルに、英夏は小さな溜息を吐いた。クーラーの
効いた事務所は快適を通り越して肌寒く、身体の弱い英夏には
それが辛かった。

「お疲れさん。手伝ってくれて本当に助かったよ」

 何も知らない須賀が、ニコニコと労いの言葉を掛けてくれる。
英夏は、それに愛想笑いを返しながらも内心、途方に暮れていた。

身体が冷え過ぎたため、脚の古傷がズキズキと痛んで歩くこともまま
ならない。立ち上がることができなくて、英夏は唇を噛みしめた。
背広にネクタイの須賀には、快適と感じられる温度設定が、英夏には
凶器になるのだ。

「英夏っ! 真っ青じゃないか!」

 鋭い声が耳に飛び込んできた。英夏がのろのろと視線を向けると、
成利が大股で歩み寄ってくるのが見えた。そういえば今朝、仕事が
終わる時間に迎えに来ると言っていたっけ……。英夏は、ぼんやり
思い出した。

 成利は、呆気にとられている須賀を睨みつけると、手早く英夏に
自分のジャケットを着せかけた。そして、親鳥が雛を温めようとする
かのように英夏を抱き締める。

 英夏は成利の体温にホッとした。成利の温もり、成利の匂い、
すべてが心地良い安心感を与えてくれる。
もう、大丈夫……、そう思った途端、英夏の意識はぷっつりと途絶えた。

前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ブランシェ

Author:ブランシェ
まったり更新中です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
 
無料アクセス解析