いもうと act.1

「Fuck you!! Drecky! Mierda Puerco! Tenorio!!」
 秀明は椅子を蹴って立ち上がると、口汚い言葉で罵り始めた。
定時のメールチェックで、よほど腹立たしいことがあったようだ。
 凄まじい怒りに、仁は為す術もなくベッドの上で固まっていた。
触らぬ神に祟りなしとばかり、じっと秀明の怒りが納まるのを待つ。

 この春は、やっと二人揃って久々に十日間の休暇を取ることが
できた。もっとも、仁がスイスのコテージで秀明と落ち合うことが
できたのは、昨夜遅くのことだったが。大幅な遅刻を詰られるかと
思いきや、仁が到着した時、秀明はすでに白ワインを半分ほど
空けて上機嫌だった。つまみに用意されていたチーズの盛り合わせ
が、いたくお気に召したらしい。

 この瀟洒なコテージは、のんびりスキーを楽しめるようにと、
仁が昨年、購入した物件だ。秀明は「少女趣味」と酷評したが、
仁は大層気に入っていた。200mほど離れたコテージに住む
老夫婦が管理をしてくれていて、仁や秀明が訪れる時は食事の
面倒も見てくれる。

 二人で少し遅い夕食を済ませると、仁は待ちかねたように
秀明を押し倒した。
「ちょっ…と、待てよっ……! まだ…板の手入れ……」
 秀明が、仁の性急さに苦笑した。仁は自らの体重で秀明を
シーツに縫い止めて首筋のあちこちにキスを落としていく。

「欲しくないのか? この一ヶ月、どうしてたんだ? まさか、
摘み食いなんかしてないよな?」
 秀明の機嫌を損ねるとわかっていながらも訊かずにはいられない。
秀明への執着は月日を重ねるごとにいや増すばかりだ。案の定、
ピクリと秀明の眉が跳ね上がった。

「……怒らせたいのか?」
「ごめん、睨むなよ。余計にそそられる」
 仁は悪戯っ子のように笑うと、秀明の白いセーターからのぞいている
赤い果実を舌先で突ついた。

「バカッ!!」
 秀明は悲鳴のように叫んだが、胸の突起を舌先で転がされると、
諦めたように仁の頭を抱き寄せた。 

   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(^_^)
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

いもうと act.2

 騒動は翌朝、秀明がメールチェックをした時に始まった。
「クソ親父っ! のべつまくなしに種を撒きやがって!! 甲斐性なしの
くせに遊びだけは一人前なんだからっ!!」

 どうやら怒りの原因は、秀明の父親らしい。仁は、何年も前に
数回会ったきりの、秀明の父親をぼんやりと思い出した。

 飄々とした性格で、良く言えば天真爛漫だが、いささか思慮に
欠けた男だった。二人の女性の間で揺れ動いて、秀明の母親と
結婚し、その後、もう一人の女性が密かに響を出産したと知ると、
妻子を捨てて、その女性の元に走った。

 ほとんど金にならない風景写真を撮るため、年中あちこちを旅して
歩き、子ども達にはあまり関心を示さない。秀明に言わせると
「宇宙人」なのだそうだ。

 さんざん毒づいて息を切らした秀明が、ベッドへ戻ってきた。仁は
その腕を優しく引き寄せ、髪を撫でてやる。やがて幾らか気分が
落ち着いたのか、秀明が口を開いた。

「親父が、響にブラジル人との混血のガキを押しつけてペルーへ
逃げた。響が言うには、俺達の異母妹らしい」
「異母妹……。それで母親は?」
「死んだって」
 秀明の口調は怒りのためか素っ気ない。

「だから引き取ることになったのか」
「日本で、混血のガキを育てるのが、どんなに大変か。それなのに
身体の弱い響に押しつけるなんてっ!」
 仁は、考え込むように呟いた。
「かといって、響くんのお母さんに預けるのもなぁ」

「俺は、彼女に預けられたぜ。好かれてはいなかったけど、毒を
盛られたりもしなかった」
 秀明が、ふて腐れたように仁を見た。
「それは、秀明が前妻の子供で、隠し子じゃないからだろ」
 何気なく仁が口にしたその言葉に、秀明は瞬時に反応した。

「そうだ! あと何人隠し子がいるのか親父を問い詰めてやらないと」
 秀明は仁の腕を擦り抜けると、クローゼットに駆け寄った。
「俺、これから親父を捜しに行くから、休暇はひとりで楽しんでくれ」

 秀明の言葉に仁は慌てた。せっかく取れた長期休暇なのに、
秀明と過ごせるのを楽しみにしていたのに、ひとりで取り残され
るなんてあんまりだ。

「ちょっと待てよ、親父さんがペルーのどこにいるかもはっきり
知らないで会えるのか?」
「どこに隠れていようと見つけ出してやる!」
 スーツケースに荷物を投げ込みながら秀明は叫んだ。どうやら怒りが
再燃してしまったようだ。仁は、ガックリと肩を落とすとベッドを降りた。

「提案があるんだが……」
 秀明を背後から抱きしめて、そっと囁く。

「俺の部下をペルーにやって親父さんを見つけるから、それまで
待てないか? 秀明が捜しに行ったら、親父さんは怖がって
逃げると思う。その証拠に、子どもを秀明じゃなく響くんに
預けたじゃないか」

 手を止めた秀明が不機嫌そうに振り向いた。仁の言うことが当を
得ていて反論できなかったからだ。
「それより、まずは妹さんに会いに日本へ行かないか? 響くんにも
会いたいだろう? きっと歓迎してくれる」

前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(^_^)
 

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

いもうと act.3

「名前はね、『ララ』というんだ。可愛いだろう?」
 響が、ララの頭を優しく撫でながら言った。嬉しくて堪らない
という様子だ。秀明は無言で、その小さな生き物を観察した。

 小麦色の肌、縮れた黒髪、少し上向きの鼻、ぷっくりと肉厚な
唇、ラテン系の特色を色濃く映し出した顔立ちは美人とは言い
難いが愛嬌たっぷりの可愛らしさがある。歳の頃は、
七歳か八歳か。

 髪はベリーショートに刈り揃えられ、水色のワンピースを
着せられていた。ガリガリに痩せこけていたが、顔色は悪くない。
響が、せっせと肉や魚を食べさているのだろう。

 はにかんだような表情で、響のシャツの裾をしっかりと掴んで
いるのが、猛烈に気に食わなかった。響がララを愛しそうに
見つめるのはもっと気に食わない。

「ララ、彼は君のもう一人の兄さんで『秀明』というんだよ」
 響が、屈託のない笑顔を浮かべてララに教えた。しかし、ララは
日本語がわからないらしく、きょとんとしたままだ。

「兄かどうかは、DNA鑑定が終わらないとわからないよ」
 秀明は、冷ややかな視線をララに向けたまま訂正した。
「明良、鑑定結果はいつ出るんだ?」

 リビングの隅で事の成り行きを見守っていた明良は、いきなり
話題を振られて驚いたようだ。上司に叱責されている部下の
ようにおずおずと口を開いた。

「あと二日もすれば……」
「それじゃ、結果が出たらすぐに教えてくれ。俺は、T国ホテルに
宿泊してるから」
「えっ! ここに泊まるんじゃないのか? 楽しみにしてたのに」
 響が不満そうに抗議した。

「仁と一緒なんだ。スイスでのバカンスがおじゃんになったから、
意地汚く俺にくっついて来たんだ」
 秀明は、やれやれといった風に肩を竦めて見せた。
「秀明だけでも、ここに泊まればいいじゃないか」
「仁が日本くんだりまで、くっついて来たのは、ホテルのベッドで
独り寝するためじゃないんだよ」
「あ……」
 秀明の言わんとすることを察した響は、耳まで真っ赤になった。


 ぐでんぐでんに酔っぱらった秀明を見て、仁は露骨に眉を顰めた。
嫌なことがあると飲まずにいられない秀明の性分は熟知していたが、
セックスがお預けとなるのは辛い。かといって正体をなくした相手と
ヤルほど虚しいこともない。

 歩くのもままならない秀明に肩を貸してやり、ベッドに寝かしつける。
シャワーを浴びて戻ると、秀明は夢の国の住人だった。

 癇の強い恋人。気まぐれで、我が儘で、扱い辛い秀明。それでも
離れられない理由はセックスの良さ故だ。仁は、秀明以上に壮絶な
快楽を与えてくれる相手を知らない。

 どんなに激しい喧嘩をしても、肌を合わせればたちまち怒りは
霧散してしまう。気晴らしに、あるいは性欲処理のために、他の誰かと
セックスしても、空虚なだけだと思い知ってしまった。

 「命よりも大切」だとか「魂の友」だとか、そんなチンケな言葉
などでは表せない切羽詰まった何かを、仁はいつも秀明に対して
感じている。この気難しい恋人なくして、人生に一体どんな価値や
意味があるというのか。

 仁はしばらく秀明の寝顔を眺めていたが、秀明の眠りが安らかな
ものであるよう祈ってその額に口づけると、隣のベッドに潜り込んだ。


前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(^_^)
 

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

いもうと act.4

「頭…痛い……」
 二日酔いのムカつきと頭痛に苦しみながら、秀明は朝食の
スクランブルエッグをフォークで突き回していた。
「もう少し横になっていたらどうだ?」
 仁が労るように声を掛けると、秀明は項垂れた様子で呟いた。
「食べずに薬を飲むと胃をやられるから」

 いい歳をして未だに自分の酒量をコントロールできないのかとか、
自業自得だとか、そういった苦言を一切、吐かないのが、仁の
いいところだと秀明は思う。小言を言われない分、秀明自身も
反省するし、もう二度とヤケ酒はすまいと考えることができるのだ。

 気休め程度にスクランブルエッグを口にすると、秀明は
二日酔いの薬を飲んで再びベッドに入った。
「ごめん……」
「いいさ、こんな事もあろうかと読みたかった本を持ってきた。
それを読んで暇を潰すよ」
 小さく笑うと仁は窓際のソファーに座って本を読み始めた。

 レースのカーテン越しに降り注ぐ柔らかな光と、申し分のない空調。
仁がページをめくる音だけが聞こえる。時が静かに流れていく。
 秀明は、胸の奥がほんのり暖かくなって、いつの間にか
眠りに落ちていた。


 ペントハウスのテラスまで二人分の昼食を運ばせたものの、
仁はひとりで昼食を摂った。昨夜の秀明は苦しそうに何度も寝返りを
打っていたから、少しでもゆっくり眠らせてやりたかったのだ。

 持ってきた本を読み終えてしまい、仕方なく新聞を読んで暇を
潰していると電話が鳴った。秀明を起こさないよう慌てて受話器を
取る。フロントが、井上明良からの外線を知らせてきた。

 明良は響の恋人で、不思議と仁と気が合い、仁によく懐いている。
毎年のクリスマス・カードを欠かさない律儀な青年だが、秀明は
「響の忠犬ポチ」と呼んでいた。

 勤務先の病院で、公衆電話から掛けているらしく、背後の雑音が
うるさい。駆け出しの研修医の身では、仁とゆっくり酒を酌み交わす
時間もままならないのだろう。手短に用件を伝えるだけのもの
だったが、仁には明良の苦悩が痛いほど伝わってきた。

 明良は、秀明が父親への腹いせにララを施設に入れるのでは
ないかと懸念していた。庇護の対象を得て、生きることに意欲的に
なった響のために、ララをこのまま手元に置いてやりたい。何とか
秀明に取りなして欲しい、と訴えた。

前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(^_^)
 

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

いもうと act.5

 ふと、ぼそぼそとした話しに秀明が目覚めると、辺りはすでに薄暗かった。
身じろぐと、受話器を置いた仁が、心配そうに声を掛けてきた。
「秀明? 起きたのか?」
「うん、何時?」
「夕方5時を少し回ったところだ」

 仁は、水差しからコップに水を注いで秀明に手渡してくれた。
ひんやりした水を喉に流し込むと、急速に頭の中がクリアになってくる。
「ペルーから連絡は?」
「まだ、親父さんとは直接コンタクトできてないが、二日前、ガイドを
雇って奥地に入ったことが確認できたよ」

 コップが空になったのを見ると仁が再び水差しに手を伸ばした。
「俺、コーヒーが飲みたいな」
 秀明は、わざと甘えたように言ってみる。もう体調はいいよ、
という意味だ。途端に仁は破顔した。
「夕食は消化のいい中華粥をオーダーしておいた。少し早いが
夕食にしないか?」

 夕食を済ませると、仁は待ちかねたように秀明をベッドへ誘った。
秀明の身体に負担をかけないよう、丁寧に時間をかけて愛し合う。
二人は、セックスというより、互いの温もりを確かめるようにじゃれ合った。

 労るように時間をかけて解されたそこに、仁の灼熱の剛直を
受け入れたとき、秀明は甘い充足感にゆったりと口元を綻ばせた。
その蠱惑的な微笑みに官能を刺激され、仁はぞくぞくするような
快感が腹の底から湧き上がるのを感じる。

「たまらないな、その顔……オレ以外の誰にも見せたくない」
 身体の奥深くまで受け入れた仁の分身が、苦しいほどに体積を
増したのを感じて、秀明はうっとりと仁の腰に長い脚を絡ませた。

「仁だけだよ……だから、もっと気持ちいいこと…いっぱいして」
 欲情に濡れた瞳で幼い子どものようにおねだりされ、愛おしさに
胸が詰まる。仁は、あやすようにゆっくりと腰をグラインドさせた。


 セックスの後、仁に髪を撫でられていると、秀明は心の中の
黒い霧が少しずつ晴れていくのを感じた。苛立ちが薄れ、
寛容な気持ちが頭を擡げ始める。

「夕方、明良くんから電話があったんだ」
 タイミングを見計らったように仁が口を開いた。途端に秀明は、
仁の胸からピクリと顔を上げた。何となく話の内容はわかっていた。
それを穏やかに受け入れるだけのゆとりが、やっと秀明の中に
できていた。

前へ   目次   次へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(^_^)
 

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ブランシェ

Author:ブランシェ
まったり更新中です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
 
無料アクセス解析