君と創る明日――エピローグ【完結】

 うだるような暑さにもめげず、英夏は伝票の数値を目で
追いかけていた。この検品作業のアルバイトは二回目なので
要領も熟知し、仲間からも頼りにされているのが嬉しい。

大学最後の夏休みに、須賀と出会った二年前と同じバイトを
することにしたのは、英夏なりのケジメだった。

 突然、背中に冷たい物が押しつけられて、英夏はギョッとした。

「お疲れ!」
 弾むように声を掛けられ、ゆっくりと振り返る。そこには、
お茶のペットボトルを手にした成利がいた。

「また、サボりに来たのかよ」
 わざと不機嫌に言うと、成利は照れたように笑う。

 英夏は、すでに文具メーカーに就職が決まっていた。INOHコーポ
レーションに就職しなかったのは、英夏の両親が、大阪支社にいる
須賀と英夏が何かのはずみで顔を合わせるのではないかと危惧して
反対したためだった。

「今日は残業になるから、先に夕食を食べててくれよな」
「ふうん、またなんだ。今週はずっとだね」

 しょんぼりした英夏を見て、成利は慌てた。
「でも、九時までには必ず帰るから。あ、そうだ、わらび餅でも
買って帰ろうか?」

 何とかご機嫌を取ろうと、英夏の好物をチラつかせてみる。かつての
須賀と同じ轍を踏むほど成利はバカではない。

「要らない! オレはもう子供じゃないから、男は仕事第一だって
わかってるよ」 
「ありがとう、英夏。でも僕は、英夏が一番で仕事は二番目だから」

 にっこり笑って恥ずかしいことを平然と言う成利に、英夏は真っ赤に
なった。

 就職した成利は、昔のように英夏にべったりというわけにはいかな
くなったが、その分、英夏に惜しみなく甘い言葉を与えてくれるのだ。
それに、仕事とプライベートはきっちり分けていて、休日は英夏を
たっぷり甘やかしてくれる。

 成利が残業なら、今日は街に出て彼の誕生日プレゼントを下見し
ようと英夏は考えた。こんなふうに一人の時間を楽しめるように
なったのは、つい最近のことだ。

 子供だった自分が、どれほど我が儘を言って周りの人間を困らせたか、
今ならわかる。その最たる相手が成利と須賀だ。皮肉なことに、英夏は
須賀と暮らしたことで初めて、成利がいかに得難い存在なのか悟ったのだ。

 須賀は去っていったが、成利は英夏を見捨てることなく今も寄り添って
いてくれている。その幸せを噛みしめながら、英夏は差し出されたペット
ボトルを受け取ると、頬を寄せてその冷気を楽しんだ。


前へ   目次  
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので、ポチしていただけると励みになります(*^_^*)
 

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ブランシェ

Author:ブランシェ
まったり更新中です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
 
無料アクセス解析